GNU/Linux關聯

ディストリビューションの選び方

インストールの準備

ディストリビューション、もしくはコミュニティのマニュアルを參照する

  1. 公式サイトからISOイメージファイルをダウンロードする
  2. Rufus(Windows向け)などを利用して、起動ブート可能なUSBドライヴを作成する
  3. BIOSの畫面(PC起動直後の、メーカーのロゴなどが表示される畫面)でBOOTメニューのボタン(大抵はファンクションキー。PCによつて異なる)を押す
  4. ブートメニューからUSBドライヴを選擇する
  5. インストール開始

sudo を設定

sudo EDITOR=nano visudo

Xorg でのキーボードの形式を設定

sudo mkdir -p /etc/X11/xorg.conf.d/
sudo -e /etc/X11/xorg.conf.d/00-keyboard.conf

タッチパッドを設定

libinput

sudo -e /etc/X11/xorg.conf.d/30-touchpad.conf

Synaptics

sudo cp /usr/share/X11/xorg.conf.d/70-synaptics.conf /etc/X11/xorg.conf.d/
sudo -e /etc/X11/xorg.conf.d/70-synaptics.conf

root ログインをロック

sudo passwd -l root

コンソールでの root ログインをロック

sudo -e /etc/securetty

X セッションからコンソールへのアクセス、强制終了をブロック

sudo -e /etc/X11/xorg.conf

バックライトの輝度を設定

sudo -e /etc/udev/rules.d/81-backlight.rules

ソフトウェアの自動起動

Arch GNU/Linux 系統

Debian GNU/Linux 系統

ディレクトリのセットアップ

バイナリ・文書・ダウンロード

# ディレクトリを作成
cd
mkdir -p BIN DOC DL/00

ゴミ箱

# ゴミ箱へのシンボリックリンクを作成
mkdir -p ~/.local/share/Trash/files
ln -s ~/.local/share/Trash/files ~/Trash

バックアップファイルをローカルにコピー

# 利用可能なデバイスを確認
sudo fdisk -l
# 暗号化されたデバイスを復号
sudo cryptsetup luksOpen /dev/sdb1 backup
# マウントディレクトリを作成
sudo mkdir -p /media/usb/
# マウント
sudo mount /dev/mapper/backup /media/usb/
# マウントディレクトリへ移動、中の一覧を表示
cd /media/usb/ && ls
# ディレクトリをコピー
cp -r Install Pictures Musics ISO Apps ~/
# アンマウント
sudo umount /media/usb/
# 復号化を解除
sudo cryptsetup close backup
# 復号化が解除されたか確認
sudo fdisk -l

ホームディレクトリを設定

# xdg-user-dirs をインストール
sudo apt install --no-install-recommends xdg-user-dirs
# ディレクトリを作成
xdg-user-dirs-update
# ホームディレクトリを設定
sed -i -E 's/ダウンロード/DL/; s/ドキュメント/DOC/; s/音楽/MUS/; s/画像/PIC/' ~/.config/user-dirs.dirs

フォントをインストール

# ディレクトリを作成
mkdir -p ~/.local/share/fonts/ ~/DL/00/
# フォントを移動
find ~/DL/00/ -type f -iname \*.ttf -exec mv {} ~/.local/share/fonts/ \;

システム全體

# ダウンロードディレクトリへ移動、ディレクトリを作成
cd ~/DL/ && mkdir 00
# フォントを 00 へ移動
find -type f -iname \*.ttf -exec mv {} 00 \;
# ディレクトリ・ファイルのパーミッションを変更
chmod 555 00
chmod 444 00/*
# ディレクトリ・ファイルの所有者を root(システム管理者)へ変更
sudo chown -R root 00
# フォントをシステムディレクトリへ移動
sudo mv 00 /usr/share/fonts/

AppImage を利用する準備

# fuse をインストール
sudo pacman -S fuse2 # Hyperbola
sudo pacman -S fuse-openrc # Parabola
# fuse をサービスに追加
sudo rc-update add fuse default
# fuse を起動
sudo rc-service fuse start

Linux-libre カーネルをインストール(Freesh)

  1. Linux-libre カーネル頒布ページで最近の更新があるか確認
  2. インストールの手順を確認
  3. マシンのアーキテクチャを確認
    dpkg --print-architecture
  4. (適當な方法で)メンテナの PGP キーをダウンロード、APT キーに設定
    wget https://jxself.org/gpg.asc # ダウンロード
    mv gpg.asc jxself.asc # 改名
    sudo mv jxself.asc /etc/apt/trusted.gpg.d/ # キーの追加
  5. キーのフィンガープリントを確認(要 gnupg パッケージ)
    apt-key finger
  6. 使用するリポジトリを設定
    sudo apt edit-sources
  7. (FTP のミラーを使用する場合)FTP を使用可能に設定
    echo 'Dir::Bin::Methods::ftp "ftp";' | sudo tee -a /etc/apt/apt.conf.d/99local-ftp
  8. パッケージを更新
    sudo apt update
  9. カーネルのバージョンを確認
    uname -v
  10. linux-libre をパッケージから檢索
    apt search linux-libre
  11. linux-libre カーネルをインストール
    sudo apt install linux-libre-4.19

囘避するソフトウェア

無線接續を設定

  1. ドライバを確認
    lspci -k | grep Network
  2. 無線インターフェースを確認
    ip link
  3. インターフェースを起動
    sudo ip link set wlan0 up
    1. RTNETLINK answers: Operation not permitted と出力される?
  4. ワイヤレスカードのブロックを確認
    sudo rfkill list
  5. (ソフトブロックが有效な場合)ワイヤレスカードのソフトブロックを解除
    sudo rfkill unblock wifi
  6. インターフェースの起動を確認
    ip link show wlan0
  7. アクセスポイントをスキャン
    sudo iwlist wlan0 scan | grep SSID
  8. NetworkManager から Wi-Fi 接續を設定

グループ間でファイルを共有(グループとパーミッション)

  1. ユーザを作成
    sudo useradd -m boss
    sudo passwd boss
  2. グループを作成
    sudo groupadd worker
  3. ユーザをグループへ追加
    sudo gpasswd -a sinumade worker
    sudo gpasswd -a boss worker
  4. 共有ディレクトリを作成
    mkdir share
  5. 共有ディレクトリのグループ、パーミッションを變更(作成者とグループのみが讀み書き・實行可能)
    sudo chown :worker share
    sudo chmod 770 share
  6. ファイル作成時のグループを設定
    sudo chmod g+s share
  7. ファイル作成時のパーミッションを設定(ユーザ boss も同樣)
    echo "umask 007" >> ~/.bashrc

デバイスのフォーマット

  1. デバイスをアンマウント
    sudo umount /media/sinumade/NONAME
  2. デバイスパスを確認
    sudo fdisk -l
  3. ディスクを消去(暗號化しない場合)
    sudo dd if=/dev/zero of=/dev/sdb bs=4096 status=progress
  4. パーティションを作成
    sudo cfdisk /dev/sdb
  5. ファイルシステムを作成(mkfs.ext4 もしくは mkfs.fat
    sudo mkfs.ext4 -n MYWORK /dev/sdb1

暗號化する場合の消去

sudo cryptsetup open --type plain /dev/sda container --key-file /dev/random
sudo fdisk -l # コンテナを確認
sudo dd if=/dev/zero of=/dev/mapper/container status=progress
sudo cryptsetup close container

モニタの電源管理

sudo -e /etc/X11/xorg.conf.d/10-monitor.conf